News

最新情報

弊社取扱「ミニプログラム for 中国越境EC」が 経済産業省「IT導入補助金2021」対象のITツールに認定

この度弊社取扱の「ミニプログラム for 中国越境EC」が経済産業省・IT導入補助金2021の対象ITツールに認定されました。

参入ハードルが高い中国マーケットへの進出へ向けてIT導入補助金をご検討されている方々をご支援いたします。

■ミニプログラム for 中国越境ECとは

Miniprogram for Cross border eCommerce in China

WeChatミニプログラムを利用し、中国越境ECを行うために必要なサービスを取りそろえたサービスです。

通常のスマートフォンアプリの開発はiOSやAndroidなどのそれぞれのOSに適したプログラミング言語でアプリの開発が必要となりますが、既存のメッセージアプリであるWeChat内にミニプログラムを設置することで別途にインストール不要な「アプリ内アプリ」が展開できます。

WeChat自体は約12億人が利用するアプリですのですが、月額4万円でそのような巨大なマーケットにダイレクトにEC進出できるだけでなく物流や決済及び回収まで対応可能です。

■IT導入補助金とは

IT support 2021

中小企業・小規模事業者等の生産性の向上のため、対象ITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助する事業のことです。

弊社は補助事業を申請者様とともに実施するIT導入支援事業者に認定されているため、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。
[引用:https://www.it-hojo.jp/vendor/requirement.html]

すでに弊社ではMagento2・Shopifyが対象ITツールに登録されておりますが、それに続く登録となります。

詳しくは、以下サイトをご覧ください。
〇IT導入補助金2021 https://www.it-hojo.jp/

■当社が対応している支援に関して

IT導入補助金の申請については、ECサイトをはじめとした物販サイト、動画や画像などのデータ販売、オンラインレッスンなどのコンテンツのオンライン販売をこれから始められる中小企業・小規模事業者を対象とした低感染リスクビジネス枠C類型-1を利用した補助金申請にてご支援となります。

補助率は2/3、最大で300万円が補助額となります。

■当社が本件に関して提供する内容

  • 初期開店費用
  • 店舗開発費用(デザインなど)
  • 決済API開通費用
  • Wechatミニプログラム認証費用
  • API開通費用及びミニプログラム代理手数料
  • システム利用料

提供例

1.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

105.1万円(WeChatミニプログラムProプラン)を構築/1年間保守 補助金適応額:105.1万円/ご負担額:31.53万円

2.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

417.1万円(WeChatミニプログラムEnterpriseプラン)を構築/1年間保守 補助金適応額:417.1万円/ご負担額:125.13万円

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マルウェブ (担当者名:前山和範 )

一覧へ

Share this article