News

最新情報

越境ECプラットフォームのMagento2、Shopifyが 経済産業省「IT導入補助金2021」対象のITツールに認定

この度当社は2021年度IT導入支援事業者として採択され、当社で扱うMagento2・Shopifyが対象ITツールとして認定されました。
それに伴い国内でのECサイト開設、越境ECに挑戦する企業に対し、IT導入補助金をご検討されている方々への支援を実施いたします。

IT support 2021

■IT導入支援事業者とは

補助事業を申請者とともに実施する、補助事業を実施するうえでの共同事業者(=パートナー)を「IT導入支援事業者」と呼びます。
中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。
[引用:https://www.it-hojo.jp/vendor/requirement.html]

詳しくは、以下サイトをご覧ください。
〇IT導入補助金2021 https://www.it-hojo.jp/

■当社が対応している支援に関して

IT導入補助金の申請については、ECサイトをはじめとした物販サイト、動画や画像などのデータ販売、オンラインレッスンなどのコンテンツのオンライン販売をこれから始められる中小企業・小規模事業者を対象とした低感染リスクビジネス枠C類型-1、もしくはC類型-2を、越境ECに関してはC類型-1を利用した補助金申請にてご支援となります。

■当社が本件に関して提供する内容

  • サーバー構築費用(Magento2のみ)
  • ラインセンス費用(Shopifyのみ)
  • 導入設定費用
  • ECサイト作成構築費用
  • マニュアル作成費用
  • 引き渡し後の1年のサーバー・システム保守(ページ作成・修正、商品登録などは除く)費用

提供例

1.低感染リスクビジネス枠 C類型-2

675万円(Magento2)でEC構築/1年間保守 補助金適応額:450万円/ご負担額:225万円

2.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

330万円(Magneto2)で国内EC構築/1年間保守 補助金適応額:220万円/ご負担額:110万円

3.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

270万円(Shopify)で構築/1年間保守 補助金適応額:180万円/ご負担額:90万円

4.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

150万円(Shopify)で構築/1年間保守 補助金適応額:100万円/ご負担額:50万円

参考:Magento Commerceとは

Magento2 EC siteconstruction / development / operation

アドビが2018年に買収したMagentoによって開発された、世界的に利用されているオープンソースをベースとするEC並びにデジタルコマースプラットフォームの一つです。
主に欧米での人気も高く、越境ECを行うのに必要となる決済や配送の仕組みを標準で利用できます。
日本では馴染みが薄いですが、世界規模で見ると、ASPのShopifyの次点、オープンソースで言うと1番シェアが高いプラットフォームで(2020年4月現在)、2018年5月にアドビが買収をしたことで再注目されました。

参考:Shopifyとは

What is Shopify

Shopify社が開発した、世界的に利用されているASPタイプのECプラットフォームの一つです。アメリカ市場での拡大がめざましく、安価で洗練されたショップが、短期間でスタートさせることができます。
日本では2017年から日本法人設立に伴い、少しずつ利用している企業が増えています。事業規模に合わせて、ベーシック、スタンダード、プレミアムを選ぶことが可能です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マルウェブ (担当者名:前山和範 )

一覧へ

Share this article