Magentoについて

Magento 2.4.2の新機能「リモートストレージ」を使いたい4つの理由と4つのメリット

Magento 2.4.2の新機能のリモートストレージについて

Magento 2.4.2は大きなリリースであり、ここから数か月にわたって調査していきたい興味深い多くの新機能があります。

それらの機能の1つは、MagentoがAmazonS3などのサードパーティサービスにコンテンツを保存できるようにするリモートストレージです。
つまり、追加のハードウェアを購入したり、複数のベンダーと複雑なセットアップを実行したりすることなく、データストレージをすばやく拡張できます。

このリリースは、顧客により良いショッピング体験を提供し、大規模なカタログのパフォーマンスを向上させ、開発ワークフローを簡素化します。

Magento2のリモートストレージとは何?なぜそれを使用する必要があるか?

Magento2のリモートストレージはバージョン2.4.2に含まれている新機能です。
これはMagentoが抱えていた、ストレージの問題に対する答えと考えて良いと思います。

AWS S3とスムーズに統合し製品の画像からCMSコンテンツまで、すべての同期を維持してくれます。
これは、すべてのビジネスニーズに対応した形となります。

これによって、比較的簡単にAmazon Web Services S3とMagentoのリモートストレージの組み合わせを使用して、ファイルを送信する前に最初にローカルにアップロードすることで、外部にファイルを保存するための必要な帯域幅の量を減らすことができます。

リモートストレージ構成リモートストレージ構成

それはどのように機能しているか?

Magentoのリモートストレージモジュールはメディアファイルを保存し、AWS S3などのリモートストレージコンテナにインポート/エクスポートをスケジュールできます。

これは、複雑なマルチサーバー構成用のMagentoのコードベースを含む同じファイルシステムに保存するよりもはるかに効率的です。

また、サーバー側の画像リサイズを利用するオプションを提供してサーバー間でリソースを共有するときにパフォーマンスを向上させます。

リモートストレージを有効にする方法は?

ローカルサーバーのストレージ領域のスペースを使い切る代わりに、インターネット上に製品画像やその他のメディアを保存するための拡張ポイントとして独自のAmazonS3アカウントを使用します。

ただし、エキサイティングしすぎる前に、まずはこのオプションが有効になっていることを確認してください!

デフォルトで、またはインストール中に別のアップグレードによってまだ実行されていない場合は、手動で実行する必要があります。

データを保存するためのMagento_RemoteStorageと、Amazon S3(AWSのサービス)を使用してこれらのストアにアクセスできるようにするMagento_AwsS3という2つのモジュールが必要です。

また、リモートストレージを使用するには、magento / module-remote-storageとmagento / module-aws-s3の2つのモジュールも必要です。

以下のコマンドでリモートストレージを構成します。

bin/magento setup:config:set –remote-storage-driver=”aws-s3″ –remote-storage-bucket=”myBucket” –remote-storage-region=”us-east-1″

リモートストレージ機能を有効にすると、Magento CLIを使用して、既存のメディアファイルをストアのサーバーからクラウドベースのサービスに移動できます。 必要なコマンドは1つだけです。

bin/magento remote-storage:sync

筆者がリモートストレージを使用したいのはなぜ?

1)効率的だからです。 1つのモジュールを専用にして、すべてのメディアストレージのニーズに対応できます。

2)デフォルトのファイルシステムよりも多くのファイルを保存できるため、大規模なカタログに最適と言えます。

3)別のプロセスで実行されるため、エクスポート/インポートに関する問題がサイトに与える影響は最小限に抑えられます。

4)リモートストレージでは、ソースコードフォルダにメディアファイルがないため、コードベースは非常に小さくなります。メモリ上で実行して、Magentoシステムのパフォーマンスを最適化できます。

Magento2のストアでリモートストレージを使用する利点は?

これにより、メディア(画像)を外部ホスト(Amazon S3など)に保存できます。
利点は次のとおりです。

1)ローカルディスクスペースは必要ありません。すべての画像をアップロードして、クラウドから直接使用できます。サーバーのスペースが不足することを心配する必要はありません。

2)画像ストレージをより効果的に計画することもできます。

3)簡単な構成と効率的なセットアップができます。すべての画像はサイトに表示される前にリサイズ、圧縮され、リモートストレージにアップロードされるため、ストアテーマのコードを変更する必要はありません。

4)移行プロセス中にダウンタイムは発生しません。潜在的な顧客を失ったり、検索エンジンによるインデックス作成に悪影響を与えたりすることなく、ローカルストレージからリモートストレージに、またはその逆に簡単に切り替えることができます。
Magentoのデフォルトのアップロードファイルサイズ制限は128MBであり、1GBを超えるファイルをアップロードすることはできなくなります。しかし、リモートストレージを使用すると、これらの制限はもう必要ありません! S3に保存できるアップロードファイルの最大サイズは5TBです。

Magentoのストアでリモートストレージを使用する欠点は?

リモートストレージを有効にすると、確立された開発エクスペリエンスに影響を与える可能性があります。例えば、特定のPHPファイル関数が期待どおりに機能しない場合です。

テストされていない環境で間違ったツールセットを使用することで発生する可能性のある競合を回避するために、ファイル操作にMagento Frameworkを使用する必要があります。

これにより、サイトやアプリのデータの破損や機能の破損などの壊滅的な結果が生じる可能性があります。

Magentoでリモートストレージを使用することのデメリットはそれほど多くありません。

画像の保存にS3を使用するコストについて躊躇うかもしれませんが、十分なスペースのある堅固なWebサイトやさらに良いSEO結果をどれほど簡単に作成できるかすぐにわかります。

Magentoでリモートストレージを使い始めるためのヒント!

Magentoコマンドを操作するのに何時間も費やす代わりに、プロセスを合理化しECサイトの成功、運用させる最も重要なことに戻りましょう!

AWS S3 Syncコマンドは、Amazonのサーバー間またはローカルストレージ間でファイルを同期すると同時に、いつでも変更できるようにすることで、すべての面倒な作業を行います。

AWSは、ユーザーがEC2インスタンスでローカルに同期しているのか、ヨーロッパなどの別の場所からSFTPを介してリモートで同期しているのかを気にすることなく、多数のサーバーの場所間でデータを簡単に同期できるようにしています。

同期機能のこの最新リリースでは、Magentoにアップロードする前にコンテンツを構築するときに必要な作業のほぼ半分を削減し、貴重な時間を節約できます。

Magentoのリモートストレージは、複数のEC2インスタンスを処理する必要がある人にとっては天の恵みです。

ストアのコンテンツを1つのインスタンスに簡単に接続し、必要に応じて必要なファイルを他のサーバーにドラッグアンドドロップすることができます。

リモートストレージは、ユーザーが各サーバータイプを制限するときに、Amazon Web Servicesによって設定された厄介な制限を回避できるため、マルチEC2インストールの重要な部分になります。

リモートストレージは、これまで以上に自由度を高めます。データを失うことを心配することなく、ファイルを1つのサーバーからダウンロードし、別のサーバーにアップロードすることができます。

Cloudfrontサービスは、リモートストレージデータを提供することで、ストアのセキュリティとパフォーマンスを保証します。これは、帯域幅を増やしてブラウジング速度を向上させる、シンプルで費用効果の高いツールです。

リモートストレージは、データを別の場所に保存するための優れた方法です。サイトの速度を向上させたい、またはより多くのスペースが必要な場合に最適です。

時間とリソースがある場合は、Amazon Web Services(AWS)S3、Google Cloud Storage(GCS)、Microsoft Azure BlobStorageなどのクラウドホスティングソリューションに依存してMagentoサイトにリモートストレージを実装するのが最善です。コンバージョン率を向上させる変更を加えるのに遅すぎることはありません。

弊社ではMagento2を利用した多機能ECサイトの構築・越境EC/中国越境ECの開発をして企業様をサポートしています。 ご興味ある方は是非問い合わせください。

ABOUT ME
Lan Anh
ベトナム出身でホーチミン市に住んでいます。現在、マルウェブ会社でITコミュニケーターとして活躍しています。

※注意

本ブログの投稿内容に関するお問い合わせをして頂いてもご返信できませんので、何卒ご了承ください。