Magentoについて

ちょっとだけMagentoとShopifyの比較

Intro:

弊社では越境ECソリューションとしてMagentoとShopifyの提供をさせて頂いております。基本的には将来含めて誰(ターゲット)にどういった機能をもってして運営をしたいかが選ぶポイントだと思っています。

これらが比較としてよくコンテンツとなっているのはともに世界的にシェアが大きいプラットフォームであるからです。

この2つのプラットフォームは他のASPやプラットフォームより越境に関して設計がしっかりしていて、拡張性に長けていると考える為、弊社も事業として据えております。

その2つをちょっぴり比較してみたいと思います。

機能

各事業者はそれぞれ異なる求める機能と優先度があります。
B 2 Bであれば、異なる顧客グループまたは業界に対して異なるオプションを提供する必要があります。

最低限の機能としてプラットフォームは事業者に複数の支払サイトや運送方式を提供して、競合相手と同じ土俵にたたせる必要があります。

Magento:
基本機能が豊富で、多くのバリエーションがある大型カタログやローカル製品のバンドルバッグ、クロス販売や追加販売などの機能をサポートしています。

運営者はエクステンションと呼ばれているサードパーティーも開発できる拡張機能をコンポーネントからインストールし、機能を追加することができます。

Magentoは最低限しかないスマートフォンと考えてくれればわかりやすいです。事業者は必要なアプリ(エクステンション)をいれて、必要な機能よ実装できます。無い機能は自分で作るしかなく、専門性が強いです。

Shopify:
Shopifyもベース機能が豊富です。
magentoと同様拡張機能は第三者のアプリケーションストアを通じて実現できます。(基本はサブスクリプションで購入)

事業者はどのような機能を有したいかを把握し、必要なコストを計算してShopifyでの運営コストの全貌を把握できます。
またデフォルト機能としてShopify Paymentsがあり、それを使わずに他の決済を利用する場合は追加の手数料を支払う必要があります。

エクステンションの豊富さ

Magentoはエクステンションマーケットを利用して機能の拡張をすることができます。
数多の用途のエクステンションとテーマがあります。

Shopifyにも同様のマーケットがあるのですが、ベースの機能のカスタマイズを行うことはできないので、Shopifyを上手に使うにはそれを念頭においた機能の要件・要求が必要になります。

Magento 2とShopifyはオンラインストアに必要なほとんどの機能を有してますが、いくつかのサードパーティ拡張を使って性能や機能を強化することで事業内容にそったECに近づけることができます。

現在までShopifyは2,300以上個のプラグインを提供しています。
Magento 2は3,000個以上となり、少しだけ少ないです。

Magento 2は、数だけでなく、より多くのプラグインを提供しており、品質においても保証されています。
その拡張リストは、会計と財務、マーケティング、コンテンツとカスタマイズ、顧客サポート、支払いと安全、報告と分析など、店舗の改善と強化のすべての側面をカバーしています。

Magento 2はShopifyより数千種類の製品を持つ中型と大型などに成長するようなストアに育てたいならば適しているといえます。
ただ、長期計画でなく、ひとまずやってみようということであれば、Shopifyはコストの面も考慮して良い選択かもしれません。

しかし、今後の成長が期待されるオンライン事業の開発にはMagentoでの開発はおすすめです。

普及数

Magento 2ライセンスのオンラインショップ数は250,000を超え、Shopifyは約600,000のオンラインストアを有しております。

Magentoグローバルコミュニティは、約60,000人の開発者と300以上のソリューションパートナーから構成され、このプラットフォームを継続的に改善し、強化しています。

Magentoは最大かつ強力なコミュニティを持っているので、他のプラットフォームよりずっとリードしています。

簡単ではありますが、以上です。

弊社ではMagento2を利用した多機能ECサイトの構築・越境EC/中国越境ECの開発をして企業様をサポートしています。 ご興味ある方は是非問い合わせください。

ABOUT ME
Maruweb.co.ltd
越境ECプラットフォームMagento2、オリジナルCMS、MovableType、オリジナルシステムを提供するWebコンサルティング、c中国向けWebマーケティングからWeb制作・運営管理までのWeb総合ソリューション企業。

※注意

本ブログの投稿内容に関するお問い合わせをして頂いてもご返信できませんので、何卒ご了承ください。