クラウド対策

[徹底検証] CloudflareとCloudfrontの違いは何!?

[徹底検証] CloudflareとCloudfrontの違いは何!?

CloudflareとCloudfrontは、ウェブサイトの読み込み時間を短縮するのに役立つ2つのサービスです。
どちらもサーバーの負荷を複数のサーバーに分散することで同じように機能しますが、重要な違いがあります。

CloudflareはCDNとDDoSの保護、およびWebアプリケーションファイアウォール(WAF)を顧客に提供するサービスに対して、Cloudfrontは単なるCDNプロバイダーであり、コンテンツ配信の高速化以外の利点はありません。

CDNとは?
「コンテンツ配信ネットワーク」または単に「CDN」は、コンピューター、サーバー、およびワールドワイドノードのネットワーク全体です。
ファイルを「クラウド」にアップロードすると、オリジナルホスティングサーバーよりもエンドユーザーに近い専用サーバー/ノードを介して配信されます。

CDNの詳細についてはWikipediaをご参照ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/コンテンツデリバリネットワーク

CDNを使用する利点は?
CDNは、Webサイトのパフォーマンスを向上させるための最適な方法です。
また、トラフィックの多いWebサイトの可用性を高めるのに役立つことが研究でも示されています。

CDBはセキュリティを損なうことなく、画像、ビデオ、CSSファイル、JavaScriptライブラリなどの静的コンテンツの配信を任意のWebページに最適化するための簡単で効果的な方法です。

CloudflareとCloudfrontの違いは?
CloudflareとCloudfrontはどちらも、Webトラフィックを高速化するための優れたサービスですが、専門分野は異なります。
Cloudflareはセキュリティに重点を置いたCDN(コンテンツデリバリネットワーク)ですが、CloudFrontは速度の最適化を専門としています。

CloudflareとCloudfrontは、ウェブサイトの読み込み時間を短縮するのに役立つ2つのサービスです。
どちらもサーバーの負荷を複数のサーバーに分散することで同じように機能しますが、重要な違いがあります。

CloudflareはCDNとDDoSの保護、およびWebアプリケーションファイアウォール(WAF)を顧客に提供するサービスに対して、Cloudfrontは単なるCDNプロバイダーであり、コンテンツ配信の高速化以外の利点はありません。

1.CloudfrontとCloudflareは、Anycastと呼ばれる方法を使用してサーバーの負荷を分散し、世界中のコンテンツ配信を向上しますが、Cloudflareは1.1.1.1と呼ばれるまったく異なるDNSサービスを使用します。Cloudfrontには独自のDNSサーバーがあるため、geo-dodging (国固有のフィルターをバイパスする)などの機能にCloudflareなどの他のサービスで使用することはできません。

2.顧客データをマーケターやそれを探している他の人に販売したい従来のCDN企業のほとんどとは異なり、どちらもローカルサーバーに顧客データを保存しません。そのため、Webサイトの訪問者情報は、従来のCDNとは異なり、サーバー間で転送されません。

3.CloudflareはWebサイトのDNSとして機能するCDNであるのに対し、Amazon Cloudfrontはネットワークのより近くで動作し、コンテンツを直接提供します。
すなわち、Cloudflareはプロキシのように機能しますが、Cloudfrontは実際のサーバーでサーバーからのコンテンツをエンドユーザーにより近く配信して、高速とパフォーマンスを向上させます。

4. どちらもSSL証明書を提供しますが、方法は異なります。CloudflareでホストしているドメインでSSL証明書を使用したい場合は、Cloudflareから取得する必要があります。
一方、CloudFrontを介して取得したSSL証明書は、AmazonのACMにあります。

5.キャッシュは異なります。Cloudflareはサーバー上のコンテンツを可能な限りエンドユーザーの近くにキャッシュしますが、CloudFrontはS3バケットを使用してキャッシュされたファイルをエンドユーザーのより近くに保存します。

6.CDN:両方のプロバイダーを使用すると、あなたの元データは世界中のサーバー(またはAWSのEC2内)とリンクされ、パフォーマンスが向上されます。
ただしCloudflareは多重化を使用し、CloudFrontはレベル3キャッシュヘッダーを使用するため、CloudflareとCloudFrontのそのコンテンツの配信方法は異なります。

7.CDNのサイズ:CloudflareとCloudFrontのもう1つの大きな違いは、CDNネットワークのサイズです。
Cloudflareには世界中に200以上のデータセンターがありますが、CloudFrontには225以上のエッジロケーションがあります。

8.CloudflareとCloudFrontに共通する唯一の点は、どちらも中小企業やスタートアップWebサイトに適した価格プランを提供しているため、ニーズに応じて最適なプランを選択できることです。

9.CloudflareとCloudFrontのもう1つの重要な違いは、DNS、オリジンプルゾーン、HTTP / 2サポートなどを含む無料の基本サービスです。
信じられないかもしれませんが、本記事を書いている現在すべて無料で利用できます。

10.どちらもWebからエンドユーザーにコンテンツをデリバリします。

これらのサービスを強化するテクノロジーに違いはありませんが、要するにCloudflareとAmazonCloudfrontサービスの違いは何でしょうか?
小さい事柄ですが注目すべき違いはそれらの起源から生じます。

Cloudflareの当初の目的の1つは、通常のWebサーバーよりもDDoS攻撃に対する保護を強化することでした。
この機能は、同様に保護するために追加のレイヤーを必要としないため、開始以来AWSの一部ではありませんでした。

Cloudflareは、サイトを攻撃から保護したい人、また適切なファイルを訪問者の近くに配信してロケーションを問わず最適なWebエクスペリエンスを提供してWebサイトを高速化したい人に最適なソリューションです。
CDNサービス(コンテンツ配信ネットワーク)や無料のSSLなど、他の多くの機能も提供しているため、どちらがニーズに最適かわからない場合に適しています。

11.もう1つの重要な違いは、Cloudflareはセットアップと構成が簡単であるのに対し、Cloudfrontはセットアップにさらに手間がかかることです。

CloudflareとAWSCloudfrontの主な違いは、セットアップにかかる時間です。Cloudflareでホスティングプランをわずか5分で簡単に構成できますが、AWS Cloudfrontでホスティングプランをセットアップするには、多くの場合1時間以上の構成が必要である上に、多くの人は時間はともかく技術的なノウハウを持っていません。

12.最後に、価格には違いがあります。
ニーズや使用パターンによって異なるため、青リンゴと赤リンゴの比較のように難しいです。

両社はCDNを介して配信されるコンテンツを提供しますが、さまざまな価格で大幅に異なるプランを提供します。
1つは、固定の月額20ドルまたは200ドル以上の前払い及びクォータ制限 を超えた場合の帯域幅料金という単純な価格モデルを提供しますが、残りは帯域幅と使用量が変動レートで価格設定される、より複雑な価格設定モデルを提供します。

Cloudflareのコスト:CDNのプランと価格(データ転送は無料)

Cloudflareの料金

Cloudflareの料金Cloudflareの料金

Amazon Cloudfrontのコストは、最初の10TBを転送した1GBあたりに0.114ドルです。10TBに達した後、転送される追加のGBごとに$ 0.089 / GBの費用がかかります。

AWS S3(Simple Storage Service)を使用して画像を保存し、サイトのサーバーではなくユーザーにサービスを提供する場合、ビデオストリーミングなどの動的リソースか静的アセットを問わず1,000リクエストあたり0.00037〜0.0047ドルの料金が適用されることに注意してください。

Cloudfrontの料金

Cloudfrontの料金Cloudfrontの料金

 

どちらがどのタイプのコンテンツに適しているか?その理由は?
Webサイトに最適なCDNは特定のニーズによって異なりますが、一般的なシナリオは次のとおりです。

ビデオコンテンツのストリーミング:ライブまたは録画したビデオを複数の場所にストリーミングする場合は、Amazonなどの専用ストリーミングサービスを使用するのが最適です。Amazon CloudFrontには、ストリーミングメディアファイルの再生に対する組み込みのサポートがあり、このタイプのコンテンツの管理と配信を容易くできるいつかの機能を提供します。

キャッシュオプションをより細かく制御し、SSLを簡単に実装する方法が必要な場合は、Cloudflareをお勧めします。

画像共有サイト:サイトで動的画像(I.E、ユーザーがアップロードした画像)を多用している場合、CloudFrontのような画像最適化ツールやその他のコンテンツ配信ネットワークなどを提供するフル機能のCDNにより、ユーザーによりよい全体的なエクスペリエンスを提供します。

Cloudflareはまた、キャッシュ関連のオプションに対してはるかに高いレベルの制御を提供し、サーバー上でキャッシュソフトウェアを構築または構成する必要はありません。
一方、Cloudfrontは、基本的にエッジネットワークトポロジのCDNにより遅延が少ないため、高速です。

別の方法として、このような問題をすべて解決したくない場合は、サイトを強化するホスティングサービスファイルであるAmazonS3とAmazonCloudfrontのみを使用すればよいです。
やり方もかなり簡単です。別のドメイン(またはサードパーティ)からすべての画像/動画を読み込むスクリプトに依存する代わりに、最初にファイルをS3にアップロードしてから、HTMLコードを使用してウェブサイトにリンクするだけで完了!

Amazon Cloudfrontはコンテンツ配信ネットワーク(CDN)であり、グローバルエッジロケーションのネットワークから低遅延と高速転送でデータ、ビデオ、またはアプリをユーザーに安全に配信します。

CloudflareとCloudfrontのどちらかを選択する際のその他の考慮事項

AmazonS3とAmazonCloudfrontは、高負荷の下でバトルテストを行うのに十分な長さです。
どちらのAWSサービスもその機能はかなり優れていますが、Amazon Cloudfrontは、はるかに安価で、機能が多く、セットアップが非常に簡単であるため、現在ほとんどのWebサイトに適しています。

世界中の国々から1日に数百万回の訪問が予想される場合でも、S3はおそらく最善の選択肢だと思います(サイトのトラフィックが意図したよりも多い場合、両方のサービスでパフォーマンスが低下するので注意してください)。

Cloudflare:DNSおよびCDNサービスを提供する無料モードがありますが、キャッシュと1秒あたりに処理されるリクエストの数に制限があります。
ブログや小さなウェブサイトには最適ですが、制限があるため、どのような種類のビジネスウェブサイトにも使用できるとは限りません。

Cloudflareのデフォルトの接続タイムアウトは100秒ですが、完了するまでに100秒以上かかるHTTPリクエストを定期的に実行すると(たとえば、大規模なデータのエクスポート)、タイムアウトが発生しましたとの524エラーが発生します。
CloudflareDNSアプリでプロキシされていないサブドメインの後にこれらのプロセスを移動する必要があります。

Cloudflareのエラーページはエラーのトラブルシューティングには役立ちません。
サイトが開発中の場合、Cloudflareを介してアクセスしたときにウェブサイトに問題がある可能性の場所を示すのではなく、エラーページがHTTPステータスコードを返すため、問題の検出にそれらを使用することは避けてください。

トラフィックの急増を処理したり、ウェブサイトの速度とパフォーマンスを向上させたり、サイトがハッカーから安全であるという安心感を与えたりできるCDNサービスをお探しの場合は、CloudflareとAmazonのCloudfrontを検討することをお勧めします。

どちらのサービスも無料トライアルを提供しているため、どちらがウェブサイトのどのタイプのコンテンツに最適かを確認するのに費用はかかりません。
そのため、サイトの読み込み速度について心配する必要はありません。ニーズに合った適切なCDNを見つけて、確実なクラウドホスティングプランで常にピークキャパシティで実行されていることを確認するようにしてください。

弊社ではMagento2を利用した多機能ECサイトの構築・越境EC/中国越境ECの開発をして企業様をサポートしています。 ご興味ある方は是非問い合わせください。

ABOUT ME
Lan Anh
ベトナム出身でホーチミン市に住んでいます。現在、マルウェブ会社でITコミュニケーターとして活躍しています。

※注意

本ブログの投稿内容に関するお問い合わせをして頂いてもご返信できませんので、何卒ご了承ください。