Magentoについて

MAGENTO 2オープンソース、コマース、およびコマースクラウドの比較

始めに

Magentoは現在、Magento Open Source Edition(CE)コミュニティ版、Magento Commerce Edition(EE)企業版とMagento Commerce Cloudition(ECE)企業クラウド版の3つの異なるバージョンプラットフォームを提供しています。
Magento 2を利用したオンラインeコマースストアを開くことにした場合は、オープンソース、コマース、またはコマースクラウドのいずれかの最適なエディションを選択する必要があります。
各エディションは、ユーザーに特定の機能セットを提供します。したがって、関連するエディションを選択する確実な方法は、要件を特定し、それらをMagento 2オープンソース、Commerce、およびCommerceCloudの機能に関連付けることです。
このために、最初にこれらの3つのエディションを1つずつ検討してみましょう。

1.MAGENTO2オープンソースエディション

Magento 2 Open Source Edition(以前のMagento 2 Community Edition)は、誰でも無料でダウンロードしてインストールできるMagento2プラットフォームです。最初の公共テストバージョンが2007年にリリースされて以来、コミュニティ版は広く開発され、定着され、基本的な電子商取引プラットフォームに発展してきました。管理ユーザーは、会社の特定の要件を満たすためにソフトウェアの構成を調整できます。特定の高度な機能にアクセスするために、マーチャントはMagento 2 Open Source Editionの基本機能を、カタログにリストされているような特別に設計されたモジュールで拡張できます。

このエディションは、機能とロジックを簡単かつ最小限の費用で確認できるため、開発中のビジネス、スタートアップ、小規模店舗にはMagento2オープンソースをお勧めします。

2.MAGENTO 2 COMMERCE EDITION

Magento 2 Commerce Edition(以前はMagento 2 Enterpriseと呼ばれていました)は、ユーザーにすぐに使える豊富な機能、無制限のカスタマイズ機能、シームレスなサードパーティ統合を提供します。24時間年中無休のメールサポートも受けられることが重要です。
Magento 2 Commerce Editionには、企業のアカウント管理とカスタマーサポート、企業の与信管理、カスタマイズされたカタログ、価格表の機能に加えて、オンライン見積もり要求の迅速な注文と処理のためのツールが含まれています。
さらに、このMagento 2エディションは、もう1つの優れた機能であるコンテンツステージングを提供します。これにより、ストアの管理パネルから直接、さまざまなコンテンツ更新を作成、プレビュー、およびスケジュールできます。コンテンツステージングを使用して、スケジュールされた日付に年間を通じて自動的に変更される動的ページを作成できます。
Magento 2 Commerce Editionは、顧客トラフィックが多く、製品カタログが大きく、グローバルなプレゼンスが広く、ビジネスが複雑なB2B企業や店舗に適しています。

3.MAGENTO 2 COMMERCE CLOUD EDITION

Magento 2 Commerce Cloud Edition(以前はEnterprise Cloud Editionと呼ばれていました)は、2016年4月11日にリリースされました。クラウドソリューション用に特別に作成された管理および自動化されたホスティングプラットフォームです。このバージョンには、Magento 2 Commerceのすべての機能が含まれ、拡張されたクラウドインフラストラクチャホスティングが追加されています。これには、Git統合と、開発、ステージング、およびライブプロダクション用の主要な環境が含まれています。簡単に言うと、このエディションの所有者は、統合、ステージング、および本番環境全体でコーディング、テスト、および展開して、ストアのスムーズなパフォーマンスを確保できます。
繰り返しになりますが、Magento Commerce Cloud Editionは、すべてをカバーするのに十分な柔軟性があり、強力な管理エクスペリエンスを提供するため、複雑な要件を持つ大企業に適しています。

4.比較表

結論として、上記のすべてをいくつのインフォグラフィックにまとめたいと思います。ここでは、Magentoオープンソース、コマース、コマースクラウドの違いを確認できます。

Open Source Commerce Commerce Cloud
主要機能
BtoB機能
マーケティング
ダイナミックマーケティング・マーチャンダイジング
顧客セグメント化・ターゲティングプロモーション
顧客属性管理機能
ビジュアルマーチャンダイザー
ルールベース商品関連付け
自動メールマーケティング
拡張CMS機能
顧客グループ別商品表示・購入制御機能
コンテンツステージング
顧客ロイヤリティ向上
ストアクレジット
欲しい物リスト(複数)
ギフトレジストリ
ギフトラッピング
プライベートセール
商品番号による一括カート登録
注文追跡ウィジェット
ポイント
パフォーマンス・スケーラビリティ
マルチマスタデータベース構成
マルチスレーブデータベース構成
MySQL Clusterサポート
ジョブキュー機構
遅延在庫更新
スケーラブルなバックエンド管理システム
代替メディアストレージ対応(CDNまたはデータベース)
過去注文アーカイブ機能
FastlyによるCDN
New Relicによるパフォーマンスモニタリング
blackfire.ioによるボトルネック解析
AWSベースのクラウドホスティング
24時間365日有人監視
DevOps環境
拡張管理機能
返品・交換管理機能
拡張管理者権限
Googleタグマネージャー
自己診断・サポート機能
スケジュールインポート・エクスポート機能
管理者アクションログ
強化データ暗号化機構・ハッシュキー管理

 

弊社ではMagento2を利用した多機能ECサイトの構築・越境EC/中国越境ECの開発をして企業様をサポートしています。 ご興味ある方は是非問い合わせください。

ABOUT ME
Maruweb.co.ltd
越境ECプラットフォームMagento2、オリジナルCMS、MovableType、オリジナルシステムを提供するWebコンサルティング、c中国向けWebマーケティングからWeb制作・運営管理までのWeb総合ソリューション企業。

※注意

本ブログの投稿内容に関するお問い合わせをして頂いてもご返信できませんので、何卒ご了承ください。