越境ECプラットフォームのMagento2、Shopifyが 経済産業省「IT導入補助金2021」対象のITツールに認定

この度当社は2021年度IT導入支援事業者として採択され、当社で扱うMagento2・Shopifyが対象ITツールとして認定されました。
それに伴い国内でのECサイト開設、越境ECに挑戦する企業に対し、IT導入補助金をご検討されている方々への支援を実施いたします。

IT support 2021

■IT導入支援事業者とは

補助事業を申請者とともに実施する、補助事業を実施するうえでの共同事業者(=パートナー)を「IT導入支援事業者」と呼びます。
中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。
[引用:https://www.it-hojo.jp/vendor/requirement.html]

詳しくは、以下サイトをご覧ください。
〇IT導入補助金2021 https://www.it-hojo.jp/

■当社が対応している支援に関して

IT導入補助金の申請については、ECサイトをはじめとした物販サイト、動画や画像などのデータ販売、オンラインレッスンなどのコンテンツのオンライン販売をこれから始められる中小企業・小規模事業者を対象とした低感染リスクビジネス枠C類型-1、もしくはC類型-2を、越境ECに関してはC類型-1を利用した補助金申請にてご支援となります。

■当社が本件に関して提供する内容

提供例

1.低感染リスクビジネス枠 C類型-2

675万円(Magento2)でEC構築/1年間保守 補助金適応額:450万円/ご負担額:225万円

2.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

330万円(Magneto2)で国内EC構築/1年間保守 補助金適応額:220万円/ご負担額:110万円

3.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

270万円(Shopify)で構築/1年間保守 補助金適応額:180万円/ご負担額:90万円

4.低感染リスクビジネス枠 C類型-1

150万円(Shopify)で構築/1年間保守 補助金適応額:100万円/ご負担額:50万円

参考:Magento Commerceとは

Magento2 EC siteconstruction / development / operation

アドビが2018年に買収したMagentoによって開発された、世界的に利用されているオープンソースをベースとするEC並びにデジタルコマースプラットフォームの一つです。
主に欧米での人気も高く、越境ECを行うのに必要となる決済や配送の仕組みを標準で利用できます。
日本では馴染みが薄いですが、世界規模で見ると、ASPのShopifyの次点、オープンソースで言うと1番シェアが高いプラットフォームで(2020年4月現在)、2018年5月にアドビが買収をしたことで再注目されました。

参考:Shopifyとは

What is Shopify

Shopify社が開発した、世界的に利用されているASPタイプのECプラットフォームの一つです。アメリカ市場での拡大がめざましく、安価で洗練されたショップが、短期間でスタートさせることができます。
日本では2017年から日本法人設立に伴い、少しずつ利用している企業が増えています。事業規模に合わせて、ベーシック、スタンダード、プレミアムを選ぶことが可能です。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マルウェブ (担当者名:前山和範 )

 

この度弊社は創業当初より手掛けていたMagento Commerce商用版への対応を強化するため、Adobe Experience Cloudソリューションパートナーにブロンズパートナーとして加盟することになりました。これはグローバルに認定された資格となります。

加盟することでMagento Commerce商用版の提供に対してより一層対応が強化されます。


弊社Magento2 EC構築・開発・運営ページ

Magento2 EC siteconstruction / development / operation

これまで弊社ではMagentoのCommunity Editionを中心にお客様へECサイトの構築・運営を行っておりましたが、昨今はMagento Commerce商用版の引き合いが多く、対応をより強化し、多面的なサポートを継続できる体制が整われます。

それに前後してMagentoに関するオウンドメディアも立ち上げました。オウンドメディアを運営することで弊社のお客様以外にも弊社で培ったノウハウ・情報を無償提供し、Magentoの普及に努めていきたいと思います。

Magento Owned Media

https://www.maruweb.co.jp/solution/magento/media/

本件に関するお問い合わせ先

株式会社マルウェブ
担当者名:前山和範
お問い合わせより(https://www.maruweb.co.jp/ja/contact/)お願いします。
TEL:03-6277-8903

 

この度当社では、ECサイトを運営されており、クラウドERPである「Oracle NetSuite」を利用している、もしくはこれから利用しようと計画されている企業様向けにAmazon、楽天市場のようなショッピングモールだけでなく、Magento、ShopifyをはじめとするECプラットフォームとOracle NetSuiteとの連携を図り、在庫管理、注文管理、顧客管理を自動的にNetSuiteに反映する新サービス「SWEET ENGINE」を10月1日よりチャネル/機能ごとに順次提供開始いたします。

ECを運営されているNetSuiteの利用企業様のご負担を少しでも減らします。

サービスURL : https://www.maruweb.co.jp/ja/solution/sweetengine

【背景】

Oracle NetSuiteのオプションとして、外部ECサイトとの連携は存在しておりましたが、海外でのサービスへの対応のみで、楽天市場やYahoo!ショッピングといった日本国内でのサービスとの連携は対応しておりませんでした。

日本の企業でOracle NetSuiteを利用している、単一及び複数のECを運営している企業様が、データ入力やインポート作業を自動化する事で、本来やるべき事業に集中してもらうべく、本サービスを提供することになりました。

■サービス名称 :SWEET ENGINE

公式リリース日 : 2020年10月1日よりチャネル/機能ごとに順次提供開始
サービスURL : https://www.maruweb.co.jp/ja/solution/sweetengine
サービス利用料入費用20万円~+1チャネル10万円~

■SWEET ENGINEの特長

以下のショッピングモール、ECプラットフォームとの在庫管理、注文管理、顧客管理をOracle NetSuiteと自動連携いたします。

  1. Shopify
  2. 楽天市場
  3. Amazon
  4. Yahoo!ショッピング
  5. Magento2

※初期の段階ではShopifyとの連携のみの対応となりますが、その他上記2. – 5.がリリース予定に入っており、近日中に提供開始いたします。

今後はこれら以外のECモール、パッケージとの連携を希望に応じて拡充させる予定です。

又、その他上記プラットフォーム・パッケージ・ショッピングモールにも当てはまらない独自ECなどには個別に対応いたしますので、個別にお問合せ下さい。

■ Oracle NetSuiteについて

20年以上にわたり、Oracle NetSuiteは、組織の成長、スケーリング、変化への適応を支援してきました。 NetSuiteはクラウドベースのアプリケーションスイートを提供します。これには、財務/統合基幹業務(ERP)、人事、プロフェッショナルサービス自動化、オムニチャネルコマースが含まれ、203の国/地域の19,000以上の顧客が使用しています。詳細については、http://www.netsuite.co.jp をご覧ください。

uiteSuccess導入支援

この度クラウドERP「Oracle NetSuite」の導入手法であるSuiteSuccessの導入支援サポートを10月1日より開始いたします。

ERP導入を目指していた企業で挫折したことがある企業向けにも、ERP導入を素早く行えるサービスとなります。

SuiteSuccess 導入支援サポートページ
https://www.maruweb.co.jp/ja/solution/oracle-netsuite/

 

【背景】

弊社では兼ねてより外部ECサイトとOracle NetSuiteを自動連携させるサービスの提供に向けて研究・開発しておりました、そのサービス実施をする前提として2019年よりOracle NetSuiteのSolution Providerとして活動する中で、最先端のERPを画期的な手法で導入可能なSuiteSuccessはERPを導入したい企業にとって需要が高いと判断して本サービス提供に踏み切りました。

■サービス名称 :SuiteSuccess導入支援サービス

公式リリース日 : 2020年10月1日より提供開始
サービスURL : https://www.maruweb.co.jp/ja/solution/oracle-suitesuccess/

■SuiteSuccessの特長

SuiteSuccessは、過去20年以上にわたって19,000を超える組織と1,000を超えるパートナーと協力して獲得した業界知識に基づいて構築された、事前に構成された業界クラウドソリューションです。別の言い方をすれば、SuiteSuccessは成長のための強力な青写真を提供し、組織はその可能性を引き出すために活用できます。以下の2種類の版が利用可能です。

■Oracle NetSuiteについて

20年以上にわたり、Oracle NetSuiteは、組織の成長、スケーリング、変化への適応を支援してきました。 NetSuiteはクラウドベースのアプリケーションスイートを提供します。これには、財務/統合基幹業務(ERP)、人事、プロフェッショナルサービス自動化、オムニチャネルコマースが含まれ、203の国/地域の19,000以上の顧客が使用しています。詳細については、http://www.netsuite.co.jp をご覧ください。

この度弊社が2020年度IT導入支援事業者として採択され、弊社で扱うMagento2が8月27日、Shopifyが9月2日に対象ITツールとして認定されました。

それに伴いIT導入補助金をご検討されている方々への支援が行えるようになりました。

詳細ページURL: https://www.maruweb.co.jp/ja/itsupport/

■IT導入支援事業者とは

補助事業を申請者とともに実施する、補助事業を実施するうえでの共同事業者(=パートナー)を「IT導入支援事業者」と呼びます。

中小企業・小規模事業者等のみなさまの生産性向上のために、ITツールの提案・導入及び経営診断ツールを利用した事業計画の策定の支援をはじめとし、各種申請等の手続きのサポートを行います。

[引用: https://www.it-hojo.jp/applicant/vendorlist.html ]

詳しくは、以下サイトをご覧ください。

〇IT導入補助金2020

https://www.it-hojo.jp/

■弊社が対応している支援に関して

IT導入補助金の申請については、ECサイトをはじめとした物販サイト、動画や画像などのデータ販売、オンラインレッスンなどのコンテンツのオンライン販売をこれから始められる中小企業・小規模事業者を対象としたC型(特別型)を利用した補助金申請にてご支援となります。

■当社が本件に関して提供する内容

-例-

特別枠(C類)

600万円(Magento2)で構築/1年間保守

補助金適応額:450万円/ご負担額:150万円

特別枠(C類)

350万円(Magneto2)で構築/1年間保守

補助金適応額:262.5万円/ご負担額:87.5万円

特別枠(C類)

250万円(Shopify)で構築/1年間保守

補助金適応額:187.5万円/ご負担額:62.5万円

特別枠(C類)

150万円(Shopify)で構築/1年間保守

補助金適応額:112.5万円/ご負担額:37.5万円

■越境ECサイト(電子商取引サイト)[Magento(マジェント)/Shopify]とは

[Magentoとは]

Magento社が開発した、世界的に利用されているオープンソースのECプラットフォームの一つです。

主に欧米での人気も高く、越境ECを行うのに必要となる決済や配送の仕組みを標準で利用できます。

日本では馴染みが薄いですが、世界規模で見ると、ASPのShopifyの次点、オープンソースで言うと1番シェアが高いプラットフォームで(2020年4月現在)、2018年5月にADOBEが買収をしたことで再注目されました。

出典:Built With https://trends.builtwith.com/shop/traffic/Top-10k

[Shopifyとは]

Shopify社が開発した、世界的に利用されているASPタイプのECプラットフォームの一つです。アメリカ市場での拡大がめざましく、安価で洗練されたショップが、短期間でスタートさせることができます。

日本では2017年から日本法人設立に伴い、少しずつ利用している企業が増えています。事業規模に合わせて、ベーシック、スタンダード、プレミアムを選ぶことが可能です。

5月より提供を開始した弊社中国WEBマーケティングソリューションが、6/11付の日本ネット経済新聞に記事として紹介されました。

記事内には弊社代表前山の言葉も掲載されております。

 

引き続き9月まで初期費用無料キャンペーンを実施しておりますので、お問い合わせからお気軽にご相談ください。

 

この度弊社では5/8より中国 WEBマーケティングソリューションの提供を開始しました。

中国WEBマーケティングソリューション

 

既存の越境ECサイトをご提供しているお客様などから平行して現地でのマーケティングの依頼を沢山頂いておりました。日本に近く巨大なマーケットを有する中国にフォーカスし、単体のサービスとしてご利用頂けるよう整備し、提供できるように致しました。

 

■弊社中国WEBマーケティングソリューションの特徴

 

今回の提供開始に伴い今月から半年間、毎月先着3社まで初期費用無料キャンペーンを実施いたします。

また中国のWEBマーケティングに関するメディアである「中国WEBマーケティングノート」も自社サイト内に設置し無料で中国におけるWEBマーケティングの情報を配信いたします。

メディア:中国WEBマーケティングノート

 

近日中に中国越境ECパッケージのリリースを予定しております。WeChat Pay、Alipayなどの決済、Alibaba Cloud上で運営、日本発・中国国内発に柔軟に対応した送料設定・言語など中国向けにとって必要な機能を有したECサイトを弊社の得意としているMagento2で提供する予定です。

今後ともどうぞ弊社中国WEBマーケティングソリューションにご期待ください。

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

現在新型コロナウイルスの感染拡大が進行しており、弊社オフィスのある東京都においても経路不明の感染が増えております。
従業員の安全を第一に考え、感染防止として以下の期間で従業員の在宅勤務を実施いたします。

 

2020/3/26(木)〜6/12(金)

※今後の感染状況により期間を変更する場合がございます。

 

上記期間中はオフィスに従業員が不在となります。お問い合わせなどにつきましてはメールもしくは各担当者へ個別にお願い申し上げます。

ご不便お掛け致しますが、何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

この度弊社サイトに、お客様の声として一般社団法人日本監督士協会様からのお声を掲載いたしました。

通信教育教材のデジタル化に伴い、オリジナル顧客管理システム「D-LEARNING」をAWSで構築いたしました。

管理者側はユーザーと講座を一括管理でき、ユーザー側は電子ブックをスマートフォンでも閲覧できます。

 

この他にも弊社サイト内ではお客様の声を掲載しておりますので、こちらもあわせてご参照ください。

この度弊社サイト内「 マジェントとは 」のページにおいて、カスタマイズ例としてB to B 向け受注システムに関する説明を追加しました。

今まで小売店や問屋からFAXや電話にて行っていた受注処理を、同システムを用いることでWEBから行うことができます。

 

この他上記ページ内では、ECサイトの多言語対応や自宅外受け取りサービスとの連携など、弊社が今まで実施してきたMagentoでのカスタマイズ例をご紹介しております。

もしもMagentoのカスタマイズをご検討されている場合は、こちらよりお気軽にご相談ください。